販促目的のガチャガチャ

子供達のみならず大人も条件反射的に視線を送ってしまうガチャガチャは、実際に楽しむエンドユーザーに「何が出るかな」のワクワク感を届けるのみならず、これらマシンを提供している側にもまた、大きなメリットを確実に届けてくれるツールとして人気を博しています。今日全国各地のジャンルを問わぬ商業施設や店舗の一角にガチャガチャコーナーが設置され、到着と同時に一目散にお目当てのマシンを目指す子供達と、それを窘める引率の保護者との間で、何とも微笑ましい攻防が繰り広げられるのも日常風景となっています。

ポイントはこの子供達の「一目散に駆け寄る」という行動パターンに潜んでおり、ガチャガチャは確かな集客力すなわち販売促進効果を有しています。たとえば同一商品が同一価格で販売されており、自宅からの距離もほぼ同じとなれば、私達は無意識にガチャガチャ設置店に向かう傾向が否めません。私達の潜在意識の中のワクワク感、楽しい雰囲気を求める感覚を、ガチャガチャは巧みかつ確実に「くすぐる」アイテムなのです。

このガチャガチャが有する効果を巧みに駆使すべく、販促用ガチャガチャの適材適所の導入から、目標売上金額を大きく上回る商業施設やイベント会場は数え切れません。ですが導入に対しては当然、綿密な事前の計画や算段などの準備作業が欠かせず、マシン導入に際して利用する業者の選択も重要なポイントとなります。ここではガチャガチャを販促目的に用いるケースに焦点を合わせ、実施する側として踏まえておくべき関連知識や重要点などを中心に、ご一緒に検証作業を進めてみたいと思います。

About the author